シーバス

スズキをソルトルアーでターゲットとする場合にシーバスと呼んでいます。

シーバスといえば、力強い引きで釣りファンから支持されている魚として有名。奥深い釣りとしてシーバス釣りの道具は多く市販されています。
特に大事なアイテムとしてラインが挙げられ、ナイロンやPE、フロロカーボンなど素材や特徴の違うラインがあるので、初心者はどれを選んでよいのか分からないと思います。
ロッドやリールもシーバス釣りにおいて性能が良い方が良いに越したことはないですが、より大事なラインの種類や特徴、選び方を含めたおすすめのラインについてご紹介します。

 

シーバスをストレスなく釣るためのラインの重要性について

シーバス釣りではラインが重要で、バラシの原因になったりトラブルの原因にもなるので、釣果に大きく影響します。
イメージとして、釣りはロッドとリールがメインと考えている人も多いと思います。

しかし、釣果に直接的に関係してくるのはラインであるといえます。
せっかくヒットしたのにラインの選び方をミスしてバラシてしまうとショックも大きいも
のですよね。

ナイロンとPE、フロロカーボンのラインのそれぞれの特徴は?

シーバス釣りで使用されるラインはおおまかに3種類存在しています。

ナイロンは初心者にもおすすめ!

一つはナイロンで、ライン自体に伸びがあるので、くせがつきにくい特徴を持っています

ナイロンは、PEやフロロカーボンに比べるとリーズナブルな価格で購入できるメリットが
あり、初心者には手を出しやすいラインです。
デメリットを上げると長期間使用することで強度が弱いのでラインが伸びてしまい、感度
が悪くなることが挙げられます。

 

リーダーにおすすめのフロロカーボン!

フロロカーボンは、基本的にリールに巻くメインのラインとしては使用されることはない
です。
強度もナイロンに比べて強く、岩場などのポイントでも対応できる擦れにも強いことがメ
リットと言えます。
耐久性が大きな特徴で、どんなシーンでもリーダーとして使用しやすいラインです。

 

PEラインは強度が強い!

PEラインのメリットは、感度がとても良く、性質としては伸びないことが挙げられます。

強度を考えるとナイロンやフロロカーボンもよりも強いので、細いラインを使用することが
でき、加えて飛距離も出やすいのであらゆるポイントを積極的にアタックすることが出
来ます。
デメリットを上げると、擦れに弱いこと。基本的にはリーダーとしてフロロカーボンを使
用する事が一般的です。
PEラインはシーバス釣りで一番使用されているラインですが、値段が高いこともデメリッ
トの一つに挙げられます。

シーバス釣りの基本のショックリーダーについて解説!

最近のシーバス釣りではメインのラインにPEラインを使用することが多いですが、シーバ
スがルアーを飲み込んでしまったときに直接PEラインを使用すると擦れてばれてしまうこ
とがあります。
なので基本的には、PEラインとルアーの間に結束するショックリーダーを使用することになりま
す。
PEラインは飛距離や感度、パワーなど魅力的なラインですが、PEラインのデメリットを補うショックリーダーの長さは一般的に1m前後を目安にして考えると良いです。
ショックリーダーのラインはフロロカーボンを使われることが多いです。

湾岸や磯、防波堤などのキャストするシーンに応じて、ショックリーダーの長さを変えることがトラブ
ルの低下につながるといえます。

ショックリーダーは引張強度が重要!

ショックリーダーの太さの号数の選び方としては、引張り強度から選ぶことが大事です。
メインになるラインとショックリーダーの結束部分が切れることで、釣り場にて結びなおす手間が起きてしまうため、寝掛かりしたときでもスナップとショックリーダーの間で糸が切れるように引張り強度の強いものを選ぶことが基本と言えます。

シーバス用おすすめのラインはこれ!

ラピノヴァX マルチゲーム / ラパラ

ブランド名:ラパラ
商品名:ラピノヴァX マルチゲーム
価格:1,500円~
おすすめの理由!:ラピノヴァXのおすすめのポイントはリーズナブルな価格で購入するこ
とが出来ること。
ラインのカラーも選ぶこともできて、初心者でも扱いやすいバランスの良いPEラインです。

ナイロンラインシーバスモアザンデュラブラ1500 4.3号20lbライムグリーン / ダイワ

ブランド名:ダイワ

商品名:ナイロンラインシーバスモアザンデュラブラ1500 4.3号20lbライムグリーン
価格:2,000円
おすすめの理由!:ダイワのデュラブラはリールへよく馴染み、ライムグリーンのカラーもしっかりと目で確認することができるため使いやすいです。

シーバス用ラインの選び方!PEとナイロンの特徴のまとめ

シーバス釣りの基本のラインとして、多くの人がPEラインを使用しています。
強度や飛距離を考えると最も使用しやすいPEライン。

ショックリーダーが必ず必要になる事から結び方なども学ぶ必要がありますが、釣果を考えるとおすすめのラインです。
ナイロンでもPEラインでのシーバスは釣ることが出来るので、好みに応じて選ぶことが良いです。
好みで選んだラインでもナイロンやPEライン、ショックリーダーに使用するフロロカーボンなどのそれぞれの特徴を理解しておくことが大事と言えます。

ルアー釣りの関連記事
  • サワラ
    サワラをルアーで釣る!船からのサワラジギングのキモは手返し
  • サゴシ
    メタルジグで直撃!ショアから楽しむサゴシのルアー釣り
  • イカ
    刺し身or天ぷら?アオリイカの美味しい食べ方は?
  • 衝撃!パプアニューギニアで釣りをしていたらヒットした魚の下半分が…
  • コウイカ
    エギング初心者にもおすすめのコウイカ釣り!仕掛けやタックルは?
  • メバリング
    【おすすめ3選】メバリングラインの選び方は?太さや種類を解説します!
  • ヤマメ釣り 渓流釣り
    ヤマメを釣りたい!渓流ヤマメを始めるのに必要なタックルや釣り方コツ
    2018年1月23日
  • 釣り上げられた太刀魚 海釣り
    太刀魚釣り入門!ウキ釣りとテンヤ仕掛け、どっちが良い?
    2018年1月23日
  • 釣り上げられたカワハギ 海釣り
    カワハギ釣りの仕掛けって?タックルや餌、釣り方を解説
    2018年1月23日
  • 釣り上げられたイシガキダイ 海釣り
    イシダイ、イシガキダイ釣り入門!仕掛けや釣り方のコツ、餌はどうすればいい?
    2018年1月18日
  • 真鯛の写真 海釣り
    一つテンヤとは?真鯛や太刀魚などの大物を狙えるテンヤ釣りの仕掛けや対象魚
    2018年1月18日
  • 釣り上げられたイサキ 海釣り
    イサキ釣りの仕掛けは?フカセ、カゴ、船釣りについて
    2018年1月17日
おすすめの記事